gene par YUKIO MISHIBA マーブルレオパードTシャツ


マーブルレオパードTシャツ


コットン100%のVネックTシャツ。
製品後(縫製組み立て後)レオパード柄のプリントをし、その後顔料流し染めを。「顔料流し染め(マーブリング)」とは、水面に顔料を落として、その波紋の模様を生地に写しとる染め方を言います。独特の染め上がりは、本来のホワイトボディを微かに残しながら、顔料・染料による濃淡を作り、それらはふたつとない仕上がりになっています。
素材
コットン100%

カラー
チャコール

サイズ(cm) 肩幅 バスト 着丈 袖丈
46 42 96 66 20
48 44 100 67 21
モデル 身長175cm サイズ46着用

gene par YUKIO MISHIBA(ジェネパー ユキオミシバ)
「gene」― 遺伝子というワードをブランドネームに持つのには
理由がある。
「遺伝子」とは生物の持つ塩基物の複雑な配列による情報伝達デ
ータであり、受け継がれる核となるものである。

ここに一つの洋服があり、それを構成するのは糸・素材、そして
デザイナーの感性でありインスピレーションである。洋服は洋服
であるけれども、それはすでに単なる有機物ではなく、様々な遺
伝子から情報伝達を受け、完成する作品である。
"gene par YUKIO MISHIBA"とは"gene by YUKIO MISHIBA"。
素材がデザイナーの手によって新たな情報を得て、以前とは違う
風合いやニュアンスを視覚化していく。その工程に再現や規制は
ない。あるときは草木であり泥でありラバーであり墨であり、粗
野であり優雅であり、無骨であり繊細であり、音や光、性別を超
えた太極であり、思考は伝達され形となり、それはすべての可能
性を秘める。そして可能性は選び手、着る人の新たな遺伝子情報
を得て広がっていく。そこには国境も人種も年齢もない。自由な
感性と創造性は、手にした瞬間から委ねられ、また新しい「gen
e」が発信される。

アーティスト衣装

GRANRODEO KISHOW(谷山紀章)さん
2015.9.30
『DECADE OF GR』発売記念
スペシャルゲリラライブ「G10 limited SHOW!!」
@新宿ステーションスクエア
にて着用頂きました

GACKTさん
GACKT Calendar2015.4-2016.3
「2015 卓上3Dカレンダー(2016年1月)」
にて着用頂きました

ゴールデンボンバー 鬼龍院翔さん
2014.12.4-12.25
ソロツアー「ひとりよがり4」
ツアー衣装
として
agr/レザーニット ドレープパーカー
と合わせて着用頂きました


型番 TSG-02

ピックアップ商品