gene par YUKIO MISHIBA Linen Hook Jacket White×Black


Linen Hook Jacket

- Nep Leno Cloth

gene par YUKIO MISHIBAの春夏シーズンの定番、フロントホック/リネンジャケット。
繊維が絡み合ってできたネップが特徴的なリネンカラミ生地(レノクロス=メッシュのように小さな網目のある織物)を使用しています。
麻特有のシャリ感は少なくレーヨン・ナイロンを含んだソフトな肌触りを特徴に、夏場まで軽快に羽織れるカーディガンジャケットは、ブランドの神髄とも言える平面構造を有機的に3次元化する特殊パターンを採用。身体の一部となるような着用感と無駄のないシルエットを共存させながら、抜け感あるラフなニュアンスを作ります。
製品洗いで仕上げた清涼感のある生地本来の自然な風合い、リラックスした心地良さを感じられる素材と秀逸のフィッティングをバランス良く組み上げた1着です。
Material / 素材
レーヨン54% リネン22%
ナイロン16% ポリエステル8%

Color / カラー
ホワイト×ブラック
ブラック

Size / サイズ (単位:cm)
  肩幅 バスト 着丈 袖丈
48 43 102 72 67
モデル 身長175cm サイズ48着用

gene par YUKIO MISHIBA(ジェネパー ユキオミシバ)
「gene」― 遺伝子というワードをブランドネームに持つのには
理由がある。
「遺伝子」とは生物の持つ塩基物の複雑な配列による情報伝達デ
ータであり、受け継がれる核となるものである。

ここに一つの洋服があり、それを構成するのは糸・素材、そして
デザイナーの感性でありインスピレーションである。洋服は洋服
であるけれども、それはすでに単なる有機物ではなく、様々な遺
伝子から情報伝達を受け、完成する作品である。
"gene par YUKIO MISHIBA"とは"gene by YUKIO MISHIBA"。
素材がデザイナーの手によって新たな情報を得て、以前とは違う
風合いやニュアンスを視覚化していく。その工程に再現や規制は
ない。あるときは草木であり泥でありラバーであり墨であり、粗
野であり優雅であり、無骨であり繊細であり、音や光、性別を超
えた太極であり、思考は伝達され形となり、それはすべての可能
性を秘める。そして可能性は選び手、着る人の新たな遺伝子情報
を得て広がっていく。そこには国境も人種も年齢もない。自由な
感性と創造性は、手にした瞬間から委ねられ、また新しい「gen
e」が発信される。


型番 MJT-09

ピックアップ商品