gene par YUKIO MISHIBA Wool Ripple Coat


Wool Ripple Coat


温かみのあるウールコットン生地にリップル加工を施したチェスターコート。
リップル=塩縮加工とは、特殊な薬品(加工剤)を用いて生地を部分的に強く縮ませてさざ波のようなしぼや凹凸を作る加工を言い、このリップル加工で表面に立体感のあるチェック柄を表現しました。テキスタイルにおいて海外市場からも高い評価を得ている【gene par YUKIO MISHIBA】ならではのファブリックです。
コートアイテムにおいても、人体レベルの構造・工学に基づいた「アナトミックパターン」を採用。適度な湾曲を見せるパターンのもと、馴染みやすく軽量、着用者の体型や凹凸・曲線にフィットし無駄のない細身のシルエットが形成されます。
特殊な生地・加工の表情に合わせて、ルード感あるカットオフ(裁ち切り)で仕上げています。



素材
表地 ウール51%
コットン49%
裏地(身頃) コットン100%
裏地(袖) ポリエステル100%

カラー
ブラック

サイズ(cm) 肩幅 バスト 着丈 袖丈
46 43 102 88 66
48 45 106 90 67
50 47 110 92 68
モデル 身長175cm サイズ46着用

gene par YUKIO MISHIBA(ジェネパー ユキオミシバ)
「gene」― 遺伝子というワードをブランドネームに持つのには
理由がある。
「遺伝子」とは生物の持つ塩基物の複雑な配列による情報伝達デ
ータであり、受け継がれる核となるものである。

ここに一つの洋服があり、それを構成するのは糸・素材、そして
デザイナーの感性でありインスピレーションである。洋服は洋服
であるけれども、それはすでに単なる有機物ではなく、様々な遺
伝子から情報伝達を受け、完成する作品である。
"gene par YUKIO MISHIBA"とは"gene by YUKIO MISHIBA"。
素材がデザイナーの手によって新たな情報を得て、以前とは違う
風合いやニュアンスを視覚化していく。その工程に再現や規制は
ない。あるときは草木であり泥でありラバーであり墨であり、粗
野であり優雅であり、無骨であり繊細であり、音や光、性別を超
えた太極であり、思考は伝達され形となり、それはすべての可能
性を秘める。そして可能性は選び手、着る人の新たな遺伝子情報
を得て広がっていく。そこには国境も人種も年齢もない。自由な
感性と創造性は、手にした瞬間から委ねられ、また新しい「gen
e」が発信される。


型番 MCO-01
販売価格 51,840円(税込)
購入数
サイズ

ピックアップ商品