gene par YUKIO MISHIBA Discharge Jacket


Discharge Jacket


高密度ストレッチコットンサテンを使用したデザイン2Bジャケット。
ベーシックなノッチドラペルに見えながら、右は一重、背面で切り替え左が二重となるギミックフルな衿。加えて、製品で施した加工=前後一周、抜染による裾の柄がデザインの特徴です。
素材は、落ち着いた光沢と深みのある「黒」、適度に伸縮性があり、一年を通じテーラードジャケットとして着用しやすいファブリック。
身体に馴染みやすい素材を、人体の凹凸や曲線にフィットするアナトミックなパターニングで、無駄のない細身のフォルムとシルエットを作り、長時間の着用もストレスを感じない着心地に仕上げています。
抜け感のあるドレスダウン、カジュアルユースはもちろん、付属する百合の紋章型のラペルピン(取り外し可能)を使い、ドレスシーンでも着用頂けるデザインジャケットです。


素材
表地 コットン97%
ポリウレタン3%
裏地 ポリエステル100%

カラー
ブラック

サイズ(cm) 肩幅 バスト 着丈 袖丈
48 43 102 71 62
モデル 身長175cm サイズ48着用

gene par YUKIO MISHIBA(ジェネパー ユキオミシバ)
「gene」― 遺伝子というワードをブランドネームに持つのには
理由がある。
「遺伝子」とは生物の持つ塩基物の複雑な配列による情報伝達デ
ータであり、受け継がれる核となるものである。

ここに一つの洋服があり、それを構成するのは糸・素材、そして
デザイナーの感性でありインスピレーションである。洋服は洋服
であるけれども、それはすでに単なる有機物ではなく、様々な遺
伝子から情報伝達を受け、完成する作品である。
"gene par YUKIO MISHIBA"とは"gene by YUKIO MISHIBA"。
素材がデザイナーの手によって新たな情報を得て、以前とは違う
風合いやニュアンスを視覚化していく。その工程に再現や規制は
ない。あるときは草木であり泥でありラバーであり墨であり、粗
野であり優雅であり、無骨であり繊細であり、音や光、性別を超
えた太極であり、思考は伝達され形となり、それはすべての可能
性を秘める。そして可能性は選び手、着る人の新たな遺伝子情報
を得て広がっていく。そこには国境も人種も年齢もない。自由な
感性と創造性は、手にした瞬間から委ねられ、また新しい「gen
e」が発信される。

アーティスト衣装

GACKTさん
2018/1/10
オフィシャルファンクラブサイト「G&LOVERS」
「GG MAGAZINE Vol.86」にて
POTENZA/LameBraid Vneck Tee White
と合わせて着用頂きました


型番 MJC-01

ピックアップ商品